カタログイメージ
虎山工房名前
トップ 製品カタログ 南部鉄器 虎山工房 手作り教室
アクセサリーコース
石膏型

石膏を流し入れて固まったら油粘土の土台を外し、炭火にかけます。するとロウソクと作品は溶けて流れ出て、石膏で出来た「ツリーの形の空洞」ができます。 ロウソクと枝の部分の空洞が金属の流れる道になり、作品の形の空洞に金属が流れるというわけです。

これで鋳型が出来ました。

鋳型を十分に熱したら金属を流し入れます。

このコースで使用している金属は「ピューター」と呼ばれるスズがメインの合金で、鋳造後の切削性の良さと低い融点、磨くと現れる美しい白銀色が特徴です。また、毒性が無く錆びないので、中世ヨーロッパでは食器にも使われていました。

鋳込み

ピューターが冷めたら外枠の鉄パイプをハンマーで叩き、石膏の部分を壊して作品を取り出します。鋳型が残らないので同じものは2つと存在しませんし、作ることも不可能です。

写真は表面が酸化して鈍い金色になってますが、ここから磨くことで美しい白銀色が現れます

前ページ

手づくり教室TOP

次ページ

ホーム製品カタログ南部鉄器虎山工房手作り教室


虎山銘

南部鉄器販売(株) 虎山工房
営業時間 9:00〜17:00

〒020-0055 岩手県盛岡市つなぎ尾入野64-12 盛岡手づくり村内
TEL&FAX 019-689-2565
E-mail kozan@nanbukozan.co.jp

サイトマップ

Copyright(c) 2016 Nanbutekki Hanbai Inc. All rights reserved.