南部鉄器イメージ
虎山工房名前
トップ 製品カタログ 南部鉄器 虎山工房 手作り教室
南部鉄器の歴史

 十七世紀中頃、時の南部藩主利直公が盛岡に盛岡城築城の折、京都より釜師を召抱え、領内より豊富に産出する砂鉄や木炭を用いて茶の湯釜を作らせたのが始まりと言われております。 以来、良質の原材料に恵まれた事や藩の保護育成により大いに発達し、風雅な味わいや独特の金気止め技法等による優れた品質は「南部鉄瓶に金気なし」と言われて人々に珍重され、全国有数の伝統工芸品として名声を博してまいりました。

 今も昔ながらの伝統技術を守り伝える釜師によって鉄と炎の芸術品ともいうべき重厚精緻な味わいの「茶の湯釜」や「鉄瓶」が一品ごとに入念な手づくりにより製作されています。一方、伝統を現代に生かして趣味性豊かな各種の鍋や風鈴、灰皿、置物、文鎮、花器等の多様な日用品も数多く生産され、比類ない耐久性と、親しみやすさで広く人々に愛用されています。

 

南部鉄器TOP

 

ホーム製品カタログ南部鉄器虎山工房手作り教室


虎山銘

南部鉄器販売(株) 虎山工房
営業時間 9:00〜17:00

〒020-0055 岩手県盛岡市つなぎ尾入野64-12 盛岡手づくり村内
TEL&FAX 019-689-2565
E-mail kozan@nanbukozan.co.jp

サイトマップ

Copyright(c) 2016 Nanbutekki Hanbai Inc. All rights reserved.