南部鉄器イメージ
虎山工房名前
トップ 製品カタログ 南部鉄器 虎山工房 手作り教室
鉄瓶の製造工程
木型

○作図、木型

鉄瓶には丸型、平丸型、南部型、富士型などいろいろな形があります。職人は最初に自分がどのような形の鉄瓶を作るのか頭の中に浮かべながら紙に書いていきます。

次に紙に書いた図面を左右二分した形の鉄板を作ります。これを木型と呼んでいます。

○鋳型

木型

「実型(さねかた)」と呼ばれる円筒状の素焼きの型の内側に川砂や粘土、埴汁(はじる)を塗りつけて木型を回転させ、鉄瓶の胴と底の部分の二つの鋳型を作ります。

紋様

○紋様、肌打ち

胴部の鋳型の砂が乾燥しないうちに文様押しの作業が行われます。有名な文様は丸い粒が一定の間隔でならんでいる「あられ」です。あられは専用の棒で粒を一つずつ押していきます。

次に味わいのある表面にするために肌打ちをします。砂に少量の埴汁を加えたものを団子状に丸めて鋳型に押してザラザラした感じを出す方法や、布タンポや筆を使って砂を置いていく方法があります。

南部鉄器TOP

次ページ

ホーム製品カタログ南部鉄器虎山工房手作り教室


虎山銘

南部鉄器販売(株) 虎山工房
営業時間 9:00〜17:00

〒020-0055 岩手県盛岡市つなぎ尾入野64-12 盛岡手づくり村内
TEL&FAX 019-689-2565
E-mail kozan@nanbukozan.co.jp

サイトマップ

Copyright(c) 2016 Nanbutekki Hanbai Inc. All rights reserved.